ファミワンでは、企業様への福利厚生サービスの導入をおこなっております。

今回は東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様の導入事例をご紹介いたします。

ファミワンサービス導入のきっかけ

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様では、「WORK × LIFE SMILE ACTION~社員一人ひとりの最大活躍のために~」をテーマにこれまで育児・介護・治療と仕事の両立支援を会社の需要課題として取り組まれてきていました。しかし昨今の不妊治療に対する政府の政策や世間の認知の高まりの中で、企業として不妊治療に取り組まれる社員の方への考慮があまりできていないという課題が。

そこで、不妊治療と仕事の両立に悩む社員の潜在的なニーズを把握するための手段はないか、何か手を打てないかと考えていたときにファミワンのサービスが目にとまったそうです。

不妊治療は、社員の実態やニーズを直接把握することが難しい

プライベートな内容である不妊治療は、なかなか会社では実態や社員のニーズを把握すること難しいのが現状です。

しかし、ファミワンの妊活コンシェルジュサービスでは、社員は匿名性を保ったまま会社に知られることなく相談でき会社としてはアンケートや利用状況の報告などで社員のニーズが汲み取れるようになることから、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様にとって最適なサービスであると導入を決めてくださいました。

また、こうしたサービスの導入を社員に周知することで、不妊治療への理解や支援に対する風土情勢のきっかけや社員の安心感につながると期待されています。

当事者だけでなく周囲への理解を深めるために

ファミワンでは、不妊治療や妊活をしている方への支援、セミナー実施はもちろんですが、その方を支える上司や同僚など周囲の支援者向けセミナーも行っております。

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様でも、労務管理を行う立場の社員の方に向けて、ファミワンの不妊症看護認定看護師が監修した妊活をテーマにした講義を試験的に実施。

結果として社員の方には非常にご満足いただき、人事担当者様からも、前向きなコメントをいただきました。

不妊治療の大変さを理解してもらうことや、部下を抱えた時のサポートの方法などをセミナーを通じて伝えることが、相互に支え合う職場の風土醸成に繋がると考えますので、こういった取り組みは継続・拡大していきたいと思います。

勤務が不規則なエッセンシャルワーカーを多く抱える事業者にはぜひおすすめしたい

当社は、首都圏の鉄道ネットワークの中核を担う交通事業者であり、人々の生活や経済活動を支える存在として重要な役割を担っています。そのため、毎日の鉄道の運行を支えるために、特殊な勤務形態に従事する社員も多いことから、ライフステージに応じた生活と仕事の両立支援については、持続的な成長の観点からも重要な課題となっています。不妊治療に対する支援はその中の一つでありますが、同じように都市や生活を支えるエッセンシャルワーカーを多く抱える事業者には、是非とも導入のきっかけとしてお勧めできるではないかと思います。

ファミワンでは東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様をはじめ、小売業界などエッセンシャルワーカーを多く抱える企業様にも多数導入実績があります。

勤務が不規則だからこそ、福利厚生や社員への支援を手厚くしたいと考えている企業様は、ぜひ一度お問合せください。

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。