三菱地所株式会社 人事部上妻様、飯田様

現在、三菱地所が進めるプロジェクト「まるのうち保健室」とファミワンが実施している「ファミワン×まるのうち保健室 ウェルネスプログラム」。当プログラムは結婚や出産などキャリアを歩んでいく中で、ライフステージにおいて働く男女が様々な事柄に対して相互理解できるよう、ヘルスケア・ライフプラン・キャリアといった多岐に渡るテーマのセミナーや個別カウンセリングなどを盛込んだプログラムです。
今回は、当プログラムに参画している三菱地所株式会社の人事部上妻様と飯田様にお話を伺いました。

悩んでいる社員にサポートを。まずは知識を得るところから

当プログラムの参画を決めた理由・背景についてお聞かせ下さい。

上妻さん:今回、当社のプロジェクトである「まるのうち保健室」が新たな取り組みを開始するという話を担当者から聞き、そのプログラムの1つとして、御社との共創プログラムの提案がありました。

我々は普段、人事として社員の人事面談なども行っております。その中で、結婚・出産・育児といったライフイベントと両立させながら、今後自分がどのようにキャリアを形成していけば良いのか人生設計に悩んでいる社員が少なくない、という肌感覚を持っています。

一方で、周りの社員にとっては実際に悩んでいる社員に対してどう手を差し伸べるべきなのか、悩んでいる社員が何を具体的に困っているのか見えていない、という課題もありました。

悩んでいてもうまく口に出せない社員と、聞くに聞けない社員が双方いるというところから、セミナーを通じてまずは知識として得ていただくことで解決に進むのではないかと考えました。今回のプログラムはその課題解決に有効だと思っています。

自分の思い込みに気づく。あらたな気づきや学びが

実際にセミナーに参加してみて、プログラムの感想はいかがですか。

上妻さん:セミナーは女性特有の健康課題から、男女共に超えていく結婚・出産、育児といったライフイベントに関する内容が多く、また、アンコンシャス・バイヤスについてのセミナーに参加し、自分なりの気遣いの言動が不要なものであるなど、自身の考えや行動において気づきや学びがありました。

『最近口喧嘩が絶えない!会話がない!言いたいことが言えていない! パートナーとの関係が冷え切っている?いざ、ふたり会議始めましょう。』というセミナーに参加しました。パートナー間のライフイベントは、双方の協力関係があり乗り越えていくものなので、片方が頑張っても何も解決しないことを再認識させられるセミナーでした。ぜひまた実施していただきたいなと思いました。

飯田さん:私は個人的に、コロナ禍で興味を持ち始めていた東洋医学のセミナーに参加させていただきました。今回セミナーを拝聴し、インターネットに書いてある情報とは質が違うな、というのが率直な感想です。

女性が自分の健康について調べる際にまずはインターネットで調べると思いますが、不確かな情報に左右されてしまう可能性があります。実際にセミナーを聴いて、自身が得ていた情報とは違った嬉しい発見もあり、きちんと精通した方の講演を聴くということは大事だなと思いました。インターネットのみでは知り得ない価値のある情報だと思います。

東洋医学は奥深いと思いますので、第二回、第三回と続けられると、ファンが増えるのではないかと思いました。

この記事の続きはファミワン福利厚生導入ページからご覧いただけます。

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。