現在、三菱地所が進めるプロジェクト「まるのうち保健室」とファミワンが実施している「ファミワン×まるのうち保健室 ウェルネスプログラム」。当プログラムは結婚や、出産などキャリアを歩んでいく中で、ライフステージにおいて働く男女が様々な事柄に対して相互理解できるよう、ヘルスケア・ライフプラン・キャリアといった多岐に渡るテーマのセミナー、個別カウンセリングなどを盛込んだプログラムです。今回は当プログラムに参画している三菱地所プロパティマネジメントの人事企画部中野様にお話を伺いました。

不妊治療に関する情報発信の必要性が高まっている

当プログラムの参画理由についてお聞かせ下さい。

当社はもともと、まるのうち保健室の取り組みに関わっているという事もありますが、女性のみならず、女性社員を部下に抱える管理職、不妊治療をしている奥様がいる男性社員などに向けて少しでも情報の発信ができればと思い、参画を決めました。

当社には「人事企画部」とは別に「働き方改革推進部」という部署もあり、いずれの部署でも不妊治療に関する相談を受けるケースが増えてきました。「上長に相談をしづらい」と言った相談を受けることもあり、今後、社内で不妊治療などに関する情報発信の必要性を感じています。

知識があれば、直面しても受け止められることも

実際に、セミナーに参加してどのような感想をお持ちでしょうか。

社員や管理職に対し、不妊治療などの実態を含めどういったセミナーが分かりやすく伝わるか、という視点で不妊治療に関するセミナーを何本か拝見しました。中でも「不妊治療って、いつからどんなことをいくらでするの?不妊治療AtoZ」というセミナーが情報も集約されており、分かりやすかったので、働き方改革推進部と連携し、イベントを紹介する社内ツールでもアーカイブ視聴の告知を行いました。

また、不妊治療以外にも「更年期」のセミナーなども、男女関係なく誰でも直面する可能性があるものとして、知識を習得する機会として活用できると感じました。知識として知っておくことで自分自身が冷静に受け止められることもあると思います。

当社は社内研修も非常に多いため、今回のプログラムのように自身で選択して視聴でき、またアーカイブ視聴もできることで個人の都合に合わせて視聴できるセミナーは、社員自身に気づきのきっかけを提供する機会として良かったと感じています。

この記事の続きはファミワン福利厚生導入ページからご覧いただけます。

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。