famione

ニュース

2019年11月12日

小田急電鉄の従業員に対する福利厚生制度として妊活コンシェルジュ 「ファミワン」の継続利用開始 妊活コンシェルジュによる社員サポート正式導入の第一号案件!

LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」 https://lp.famione.com/を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川勇介、以下当社)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野晃司、以下小田急電鉄)に対して2018年9月16日より開始した従業員向け福利厚生プランを、継続して提供いたします。。

小田急電鉄では、多様な人材が活躍できる組織づくりを成長戦略の一つと捉え、その実現のために労働環境の整備に積極的に取り組んでおります。約6組に1組という多くの夫婦が課題に感じている妊活・不妊治療に対する支援を目的とし、ファミワンの継続を決定いたしました。 また、2019年10月7日、8日にて、小田急線の駅現業における監督者層向けに妊活・不妊の理解促進を目的としたワークショップを開催いたしました。部下や同僚の悩みや課題を知ることは、ダイバーシティ&インクルージョンの実現の大きな一歩になります。 LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」 https://lp.famione.com/を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川勇介、以下当社)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野晃司、以下小田急電鉄)に対して2018年9月16日より開始した従業員向け福利厚生プランを、継続して提供いたします。

小田急電鉄では、多様な人材が活躍できる組織づくりを成長戦略の一つと捉え、その実現のために労働環境の整備に積極的に取り組んでおります。約6組に1組という多くの夫婦が課題に感じている妊活・不妊治療に対する支援を目的とし、ファミワンの継続を決定いたしました。

また、2019年10月7日、8日にて、小田急線の駅現業における監督者層向けに妊活・不妊の理解促進を目的としたワークショップを開催いたしました。部下や同僚の悩みや課題を知ることは、ダイバーシティ&インクルージョンの実現の大きな一歩になります。

小田急電鉄の福利厚生導入の目的

小田急電鉄は、「ダイバーシティ&インクルージョン」の実現が企業成長につながると捉え、社員一人ひとりの属性を超えたあらゆる「価値観」「考え方」等を大切にし、お互いを認め合い、誰もがいきいきと働くことができる環境を整えています。これまでも仕事と家庭の両立サポートを推進してきましたが、その一環として、不妊やがん等の治療と仕事の両立について検討を進めていました。

そこで、会社に相談しにくいプライベートな不妊治療・流産について、全国でも数少ない不妊症看護認定看護師等の専門家から、会社の勤務形態や制度を踏まえてアドバイスを受けられる環境を提供することで、社員の不安を軽減するほか、長期的なキャリアプランを描きやすくなることから、昨年より本サービスの導入に至りました。

・ 不妊症看護認定看護師を中心に構成された専門家チームの方に相談できる安心感がある
・ WEBサービスを使い慣れている社員がほとんどなので、スマホでアドバイスをいただける手軽さとの相性が良いため

小田急電鉄の駅現業(監督者層)に向けた講演

当日の講演の様子
 《参加者の声》
「女性にかかる負担の大きさや、病院に通う回数が多い理由について理解できた。」
「男女ともに身体的、精神的、経済的負担が非常に大きいことがわかった。」
「部下や同僚が安心して働ける環境を作ることが大事だと思いました。」
「普段、面と向かって話をすることが無いような内容だったので勉強になりました」
「言葉は知っていましたが、詳しい内容までは把握していなかったので大変参考になりました。」
「もっと当事者へ寄り添いたいと思いました。」

妊活に関わる社会的背景 約4組に1組※1のカップルが、不妊かもしれないと悩んでいる。

2018年に生まれた子どもの数(出生数)は91万8397人※で過去最低を更新し、3年連続で100万人を下回りました。

その一方で、妊娠を希望するカップルの約4組に1組※1が、不妊かもしれないと悩んでおり、6組に1組※1の夫婦が妊活・不妊治療のために治療に取り組んでいます。その結果、約19人に1人※2の赤ちゃんが体外受精によって誕生している比率になっています。このように、多くの夫婦が妊活に取り組む一方で、誰にも相談できず、二人だけで不安やストレスを抱え、夫婦間のコミュニケーションにも悩むケースが数多く存在しています。
不妊の原因の約48%が男性側にあると言われていますが、インターネット上には不適切な情報も多く、また、周囲に相談もしないため、男性側に原因がある可能性を知らないまま、他人事としてしまう現実があります。

※ 厚生労働省 「人口動態統計月報年計 (2019年)」
※1 国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向調査(2015年)」
※2 日本産科婦人科学会統計(2015年調べ)より算出

妊活コンシェルジュ「ファミワン」サービス内容

“妊活当事者を会社全体で支える“、その支援をしたい。

LINEを活用し、専門家のサポートをいつでも気軽に受けることが可能に。

妊活コンシェルジュ「ファミワン」 ( https://lp.famione.com/)は、妊活に取り組む夫婦を支える、LINEを活用したパーソナルサポートサービスです。LINEのアカウント登録をすることで専門のチェックシートが届き、その入力内容を分析し、あなたの妊活状況に合わせたアドバイスを行います。

全国に約170名しか認定されていない不妊症看護認定看護師※3や、同じく全国で約100名※4しか認定されていないNPO法人Fineの認定ピアカウンセラーなど、多くの専門家によるアドバイスを受けることができます。実際にご夫婦を対応してきた経験に基づき、時には耳が痛いコメントが届くこともありますが、妊活を適切に進めるためのサポートを行います。

妊活の進め方や病院の選び方などの相談サービスとして、妊活をこれから始める方も、または治療を長く続けている方も、男女ともに多くの方に利用いただいています。基本無料で利用でき、月額有料プランの申込で、専門家への回数無制限の質問や電話相談を利用できます。

※3 2017年8月時点 日本看護協会 公式サイトより
※4 2017年3月時点 NPO法人Fine 公式サイトより
※  本サービスは医療行為ではないため、診断や処方は行いません。

プレスリリース

小田急電鉄の従業員に対する福利厚生制度として妊活コンシェルジュ 「ファミワン」の継続利用開始
妊活コンシェルジュによる社員サポート正式導入の第一号案件!
シェア シェア