2017年5月16日

コミュニティ×デザイン思考で解決策を!妊活者を劇的にサポートするワークショップ


子どもを授かりたい夫婦を応援する妊活ベンチャーファミワンが

共創ワーク形式による今までにないセミナーを開催。

当事者、識者、開発者など多様性重視のメンバーによるアイディア会議でイノベーションを目指します。

株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 勇介、以下当社)は、5月25日(木曜日)に 「ぼく・わたしの考える劇的にスムースな妊活スタイル Vol.1」と題し、「Communication & Collaboration」をコンセプトに、TIS株式会社が運営するコワーキングスペース「bit & innovation」(東京都新宿区西新宿6丁目24番1西新宿三井ビルディング23F)にてデザイン思考を用いたワークショップを開催します。

 “子どもを授かりたい夫婦の未来をともにささえる社会をつくる”を目指すファミワンは、今まで様々な形式のセミナーを提供して来ました。今回はデザイン思考をベースとしたイベントに携わっているウメムラ タカシ氏の協力のもと、今までにない形のワークショップを開催することで妊活・不妊治療における障壁をやわらげる、サービス・製品またはライフスタイルのイノベーションを計ります。

【ここが違う!】

1)妊活の課題抽出

多様なメンバーの参加により、「個人」を中心に据えたリアルな課題を参加者で共有します!自他者を含めた既存のサービスや製品にとらわれずに問題点の洗い出しから開始します。

2)コミュニティと連携

「企業×コミュニティ」で協業するワークショップを用意しました。ファミワンのスタッフやパートナーと日頃デザイン思考を学ぶ市民コミュニティが一緒に「アイディア出し大会」(アイディアソン)をすることにより、多様な視点で妊活の障壁を捉えます。

3)デザイン思考

妊活の障壁を具体的ケースモデルとし、デザイン思考を用いた、アイディア出しの会議手法を体験してもらいます。理論ではなく実践として、厄介な問題を解決する術を学ぶことが可能です 。

 ファミワンでは、今後も若年層への啓蒙、妊活ワークショップ、妊娠、出産、育児など様々なステージに合わせ、形式(セミナー形式、体験談グループディスカッション、体験型ワークショップなど)、対象(一般、当事者、課題意識を持つ方など)、情報提供者(専門家、医師、看護師、助産師、薬剤師、整体師、鍼灸師、管理栄養士、カウンセラーなど)と連携してイベントを開催します

【ワークショップ詳細】

「ぼく・わたしの考える劇的にスムースな妊活スタイル Vol.1」

日時:2017年5月25日(木)19:00 〜 22:00(予定)

会場:bit & innovation 東京都新宿区西新宿6丁目24番1西新宿三井ビルディング 23F

チケット:一般チケット 5,000円 、学割チケット(学生及び貸与型奨学金返済中含む) 2,500円

申し込み:http://ptix.co/2rdpsUO

【ワークショップ協力】

ウメムラ タカシ氏

 アイデアソン向上委員会(仮) 主催
https://www.facebook.com/meganethinking/

 一般社団法人デザイン思考研究所 認定デザイン・シンキング・トレーニー

 開催例

  パナソニックラボラトリー東京 x アイディアソン向上委員会(仮)presents

  「ぼく・わたしの考える外国人観光客お助けサービス」

  イベントレポート ロボット情報WEBマガジン「ロボスタ」

  「電源を入れないPepper」と一緒にアイディアソン&劇的プロトタイピング

https://robotstart.info/2015/10/21/robot-report-pepper_knowledge1.html   

【ファミワンの過去のワークショップ例】

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)との哲学対話イベント「わかりあえないってどういうこと?―産む/生まれるをめぐる哲学対話―」