2018年3月15日

妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」が小田急電鉄株式会社の従業員向け福利厚生プランとして導入決定しました。


小田急電鉄株式会社に対する従業員向け福利厚生プランの提供を2018年9月16日(日)より開始いたします。 現在、日本の夫婦6組に1組が不妊検査や治療を経験しており、その割合は年々増加しています。また、治療を受けている人のうち9割の方が治療と仕事の両立が困難と感じ、やむを得ず退職したり治療を諦めざるを得ない状況にあります。この社会的な課題に対し、啓蒙・予防から本的的な支援までファミワンにてサポートしていきます。 小田急電鉄では、多様な人材が活躍できる組織づくりを成長戦略の一つと捉え、その実現のために労働環境の整備に積極的に取り組んでおります。多くの夫婦が課題に感じている妊活・不妊治療に対する支援を目的として導入を決定いたしました。  


■プレスリリース

【企業の妊活支援】妊活コンシェルジュ正式導入の第一号案件!小田急電鉄の従業員に対する福利厚生制度として法人で初めて妊活コンシェルジュ「ファミワン」を正式導入!