導入・提供事例

株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

相互理解をし、支え合うために。まずは違いを知ることから始めたい


現在、三菱地所が進めるプロジェクト「まるのうち保健室」とファミワンが実施している「ファミワン×まるのうち保健室 ウェルネスプログラム」。当プログラムは結婚や、出産などキャリアを歩んでいく中で、ライフステージにおいて働く男女が様々な事柄に対して相互理解できるよう、ヘルスケア・ライフプラン・キャリアといった多岐に渡るテーマのセミナー、個別カウンセリングなどを盛込んだプログラムです。今回は当プログラムに参画している株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツの人事部 望月里美さん、人事部の水沼良則さんにお話を伺いしました。

プライベートと仕事の両立のために。社員が働きやすい環境を整えたい

当プログラムに参画しようと思った理由についてお聞かせ下さい。

望月さん:まるのうち保健室の「女性の働きやすい環境を整えていく、文化を創る」といったコンセプトにとても共感し、当プログラムに参画致しました。

当社は、ホテルという業態上、24時間、365日営業しているため、勤務はシフト制です。時には夜勤もあれば、長時間に渡る勤務もあります。スタッフが働く上で、ライフイベントが重なる時に、プライベートと仕事の両立が難しいといった悩みが生じるのではないかと考えています。

実際に、当社の新卒採用者における男女比は、女性の方が高いのですが、勤続年数を重ねていくと男性社員の比率が高くなり、男女比が逆転していきます。このことから、女性社員が働きやすい環境を整える必要があると考えています。そのため、女性のヘルスケア関連のセミナーは社員にとってプラスになると感じています。また、男女の相互理解に重きを置いているテーマのセミナーが多い点も評価しています。

様々な価値観の人がいること、自分を見つめ直すことが大切だと感じた

実際にセミナーにご参加頂いていかがでしょうか。

望月さん:テーマに関しては、妊活や不妊治療、LGBTといった、言葉として社会に浸透しているものの、意識しなければ薄れてしまいがちな内容が取り扱われている印象です。例えば、LGBTに関して「ソジハラ」というお話があり、聞き慣れない内容でしたが、知識として習得できたことはとても良かったと思います。

参加したセミナーの中で感じたことは、様々な価値観を持った人達が、ひとつの環境の中で一緒に仕事をしたり、生活をする中で、相互理解していくことが重要だということです。

水沼さん:私は「コロナ禍で変化した、自分のストレスとの向き合い方の5つのコツ」のセミナーに参加しました。その中で「自分をよく見ましょう」といった話があり、普段、自分自身を内観する事はなかなかしませんが、このような機会にあらためて自分自身を振り返ってみることは大切だと感じました。

悩んでいる人はこのプログラムを1つのきっかけにしてほしい

このプログラムに参加して、スタッフの方に期待することは何かありますか

望月さん:役職や性別を問わず、人それぞれライフステージが異なり、価値観や悩みも違います。常に皆それぞれ違う段階にあり、仕事と生活のバランスを自分なりに取りながら過ごしている、ということをお互いに想い合えたら良いな、と思っています。

人生の中で仕事に費やす時間も長いと思いますが、仕事以外の充実を図ることや健康を維持することで、仕事の取り組み方やパフォーマンスも変わってきます。そのためにも男女相互に様々な事を知っておく必要があると考えています。

知識が無ければ理解することが難しいため、まずは感心を持ち、知っている状態になるという点に期待したい、というのが一つ目です。 二つ目は、もし悩んでいることがあれば、悩みの解消のきっかけにしてほしい、ということです。人それぞれ年代によって悩みが大なり小なりあると思いますが、一人で何か悩んでいることがあったり、行き詰まっているといった状態があれば、このようなプログラムに気楽に参加し、悩みの解消に繋げて欲しいと思います。

ウェルネスプログラムでは、看護師や心理士といった専門家によるカウンセリングを行っています。この点はいかがでしょうか。

望月さん:心の内にあることは、専門の方々にだからこそ、包み隠さず話せるということがあります。妊娠・出産・結婚などのライフステージに関わることで、専門的なアドバイスを受けられたり新しい情報を得られることはとても有益だと考えています。

自分を見つめ直し、互いを理解するために沢山の人に参加してもらいたい

最後に従業員の方に向けてメッセージをお願い致します。

望月さん:特定の方に受けて欲しいということではなく、多くの方に受けてもらいたいというのが率直な意見です。私自身も、過去、ライフステージにおける悩みはありました。年代の節目を自身が迎える時などに、今の自分と向き合うきっかけとして、是非興味のあるものは受けて欲しいなと思っています。

水沼さん:1年を通じて、365日調子の良い人はいないため、体調が良くても何かしら皆、悩みはあると思います。だからこそ、このプログラムを通じて、自分自身の感度を高めて欲しいなと思っています。自分を知ることも勿論大切ですし、他人を知るためにも是非参加して欲しいですね。

社名
株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

業種
観光、宿泊、旅行、ホテル、サービス

従業員数
1311名 (男:696名、女:615名)

TOPICS

・プライベートと仕事の両立のために。社員が働きやすい環境を整えたい
・様々な価値観の人がいること、自分を見つめ直すことが大切だと感じた
・悩んでいる人はこのプログラムを1つのきっかけにしてほしい
・自分を見つめ直し、互いを理解するために沢山の人に参加してもらいたい

ファミワンの妊活・不妊治療
福利厚生サポート

イベント情報

企業の妊活サポートセミナー体験

ファミワンの妊活サポートセミナーを体験いただけます。通常、60分程度のセミナーですが20分程度のショートバージョンを無料でご体験いただけます。ぜひファミワンの妊活サポートを体験してみませんか。

内容

・妊活、不妊治療を受けている人の割合 ・身体、時間、お金、心、それぞれの具体的な負担 ・実際のスケジュール ・どうやってサポートしたら良いか?実例

福利厚生オンライン交流イベント

ファミワンでは、福利厚生における、妊活や不妊治療支援導入に関して、他社事例の情報交換や課題点の共有など、各社のご担当者間における交流を目的としたオンラインイベントを行っています。

内容

・妊活や不妊治療に関する問題点と導入メリット ・導入成功事例 ・退職防止、採用訴求効果について ・etc 詳細については、下記よりお問い合わせください。おって、ご連絡させていただきます。

【職種別】 両立支援相談お問い合わせ

ファミワンでは妊活(不妊治療)と仕事の両立、男性管理職のあり方、女性の身体や健康についてなど、職種別の両立支援相談も行なっております。 特に、ご相談が多い下記の職場・職種向けの専門家による相談を受けています。

内容

シフト制勤務の方向け/エンジニア向け/UI・UXデザイナー向け/コンサルタント向け/医療職者向け/伝統ある企業の方向け/男性社員が多い職場向け

メディア掲載情報

SankeiBiz

不妊治療の企業の理解~SankeiBizにてファミワン代表の取材が掲載~

産経ニュース

産経ニュースでファミワンが紹介されました!

朝日新聞

企業様へ提供している福利厚生メニューについて、朝日新聞デジタルで取り上げていただきました。

日本経済新聞

企業の福利厚生の実例として、弊社のサービスを日本経済新聞(2021年4月24)にとりあげていただきました。

妊活サポートに関する記事

企業での妊活サポートを実現しませんか?