Stem Cells Immunotherapy

今回は不妊治療の先進医療として認められているSEET法について説明します。

SEET(子宮内膜刺激胚移植)法とは

着床するために必要な要素のひとつに、胚から出るシグナルが重要とされています。

卵子と精子が卵管内で受精し胚盤胞に成長する過程の中で出るシグナルが子宮内に影響を与えており着床しやすい環境になるのではないかと考えられています。

そこで考えられたのが、この方法です。

胚盤胞胚移植を行う場合、すでに成長を終えた胚を移植するためそのシグナルを子宮が受け取ることができません。

その代役として、採卵周期にご自身の胚を育てた培養液を確保しておき、胚盤胞胚移植の周期に注入する方法が考え出されました。

方法

胚盤胞胚移植周期に行う方法になります。
胚盤胞胚移植日の2〜3日前に子宮内に確保しておいた培養液を注入します。
注入方法は実際の胚移植と同じ方法です。

注意

ご自身の胚を育てた培養液が必要となるため、実際には採卵周期に準備を進めておく必要があります。

通常は胚を培養した培養液は、胚のみを取り出し凍結保存するため、その後は廃棄されます。SEET法を予定している場合のみ、胚を培養した培養液を凍結保存するため事前に担当医と相談しておく必要があります。

対象者

良好胚盤胞を胚移植したにも関わらず着床・妊娠成立にいたらない方などです。

その他

こちらは先進医療であるため、SEET法の料金は自己負担となります。

ファミワンでは多数専門家が在籍!先進医療に関するご相談も可能です。
まずはLINEお友達登録から!
専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。