Sunny garden

妊娠を望み不妊治療を必要とされるカップルは年々増加傾向にあります。

このような現状から、助成金拡大や不妊治療の保険適応などが現在検討中となっています。しかし、残念ながら女性の年齢制限の変更は現時点で検討課題とはなっていません。

これは何故なのでしょうか。

40代からの妊活で知っておいてほしいこと

決して、40代からで妊娠を望み治療を必要としている人が少ないわけではありません。我が国は世界的に見ても40代で不妊治療を実施している女性が多い国です。
それなのに女性の年齢が43歳以上の場合には助成金の対象とならないのは何故なのでしょう。

妊娠率はどうしても女性の年齢が大きく影響してしまいます。

これは年齢の上昇と共に、卵子の数が減少すること、染色体異常を持った卵子の数が上昇すること、そして卵子の質の低下が起きるからです。これは誰にでも起こる当たり前の体の変化で、仕方がない事なのですが、これらの理由からどうしても年齢が上がるにつれて妊娠率が低下します。

そしてこれは不妊治療を行なっても同じ事なのです。体外受精を行なっても40代では妊娠率は低下します。また年齢が上がると流産率や合併症も増加してしまいます。

医療も進歩し、様々なことが進化しているのですが、年齢との戦いにはどうしても対策がありません。
このように、不妊治療を行なってもなかなか結果が難しくなっているということは、それだけ心身に与える負担が大きくなることになります。

そのような苦しくて、辛い思いをなるべく避け、早めに妊活に取り組むことを目的として、42歳までという年齢制限が設けられました。

しかし、このような現状を知らない女性もまだまだ珍しくはありませんし、また仕事など自身の都合でないことが理由で妊活が後回しになってしまう女性が多いのも事実です。

妊娠を希望した時、改めて突きつけられる事実に、多くの女性が苦しみ悲しまれています。
そして、この事実を受け入れた上で、「出来る事を、後悔の無いように」と一生懸命に頑張られています。

40代からの妊活。それはとても簡単なものではないのです。
もちろん結果が出ず、治療を繰り返すことも辛いのですが、相談する相手がいないこと、これまで自身が尽くしてきた仕事を犠牲にしなくてはいけない事もあり、また何より、パートナーへ申し訳ないという罪悪感を抱いてしまい女性が自分自身を責めてしまう事も珍しくないからです。

自分自身を責める必要はもちろんありませんし、今できることを一生懸命に取り組まれている姿は、素晴らしいものなのですが、自分自身ではそれに気づくことができず多くの女性が「他にもっと出来ることはないか・・・」と頑張られています。

そこで、40代の妊活で心掛けていただきたいこと、気をつけたいことをいくつかお伝えします。

40代からの妊活で心がけること

40代での妊娠率はどうしても低くなるのですが、決して妊娠できない年齢でもありません。
良い卵子の割合は確かに少なくはなっていますが、ゼロになっているわけではありません。

そこで、その卵子といつでも巡り会える様に、自身の身体の状態を整えておくことが大事になります。

葉酸を摂取する

妊娠前から葉酸を摂取しておくことで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが減らせる可能性があることがわかってきたと厚生労働省から報告されています。そのため、妊活中から葉酸の摂取をお勧めします。
また、食事からだけでは不足であることが多いため、サプリメントの摂取も推奨されています。

適性体重を維持する

妊娠するためにも、そして妊娠した時のためにも適性体重を維持しておくことは重要です。

体重に関しては、BMI(体格指数。BMI=体重kg÷身長m÷身長m)が高くても低くても不妊や妊娠合併症のリスクと関連しているため、正常範囲にすることが勧められています。

軽い運動を習慣に

妊活中に運動をするメリットは、まずは血流の改善です。運動して筋肉量がアップするとそれに比例して基礎代謝も増加します。

女性は40代になると基礎代謝が急激に低下します。「最近そんなに食べてないのに体重が増える」という経験はありませんか。これは基礎代謝が低下しているからです。

つまり運動をすることで、血流が改善し、基礎代謝が上がることで体重の増加予防にもつながります。

また卵子が育つ卵巣や妊娠する場所の子宮は、血流が豊富な場所です。血流が良くなることで卵巣や子宮の血流改善にも繋がります。

早めの病院受診

まずはパートナーとお2人で妊娠について話をすることが必要になります。その上で最終的には病院に受診する事も選択肢として考えられる様でしたら、早めに受診をしましょう。

病院も婦人科ではなく、不妊治療専門病院へ相談される事をお勧めします。

40代での妊活はどうしても時間が大切になります。そのため適切に検査と治療を行うことができる専門病院が理想的です。

同じ40代でも、いつからどの様な病院で治療をスタートしたかで妊娠率が変わってきます。それくらい40代での不妊治療は時間と場所選びが重要だということです。

ストレスを溜めない

これがもしかしたら一番難しいかもしれませんが、ストレスは妊活へは大きなデメリットです。
そのためストレスの発散をこまめに行うことが望ましいですね。

妊活中や不妊治療中にはご自身のことを犠牲にして望まれている女性も多いのですが、自分が楽しめることや気分転換になることを取り入れながら妊活を行うことが実はプラスになります。

ストレスは卵子の質にも影響を与えてしまうものです。溜め込むことなく、少しずつ発散してください。

サポーターを見つける

そして誰かを頼る事も必要な事です。

パートナーでも、同じ様に妊活仲間でも良いかもしれませんが、治療中の方は病院に在籍している看護師やカウンセラーなどを頼るのも一つの方法です。

特に不妊治療専門病院の看護師やカウンセラーは治療のことだけでなく、みなさんの不安を聞き、一緒に悩み・考えてくれます。

受診されていない方は、ぜひファミワンを利用してください。

実は誰かに治療で抱えた悩みや、辛い気持ち、不安などを吐き出す事でストレスの軽減はもちろん、気持ちが楽になる事もあります。

1人で頑張りすぎず、私たちを利用して下さい。

まとめ

何より大事なのが、頑張っている自分にご褒美をあげることです。

妊活を頑張っている時、治療を頑張っている時、「頑張ってるね」と誰かに褒めてもらえること、なかなかないかと思います。

妊活も病院の受診も実は当たり前にできることではありません。妊活中にパートナーに排卵日を伝えたり、基礎体温を測定したり、そして治療で病院を受診したり、内診台に乗ったりと女性は多くのことを頑張っているのに、この事を褒めてくれる人はいません。

だからこそ、ご自分で自分自身を褒めてあげる事も重要です。
時々、自分にご褒美をあげたりしても良いと思います。

この様に自分のことも大事にしてあげることも忘れないで下さいね。

40代で妊活を進めるにあたり、今回ご紹介したことを少しでも取り入れていただき、妊娠しやすい身体を整えて頂けたらと思います。

そして、私たちファミワンも皆さんのサポーターです。必要な時には頼って下さいね。

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。