warm cup of hot coffee warming in the hands of a girl

女性はとても冷えやすいですね。

冬はもちろん冷えますし、夏でも冷房で体の芯まで冷えてしまうなんてこともしばしばありますね。

妊活をされていると身体を温めて少しでも妊娠しやすい身体にしたい!と思われるのではないでしょうか。

そこで今回はお勧めの温活と、温活の心得をお伝えします!

お勧めの温活

身体の中から温まる

暖かいハーブティーや食べ物に生姜を入れてみるなどしてみてはいかがでしょうか。お腹の中からポカポカと暖かくなり、身体を温めるエネルギーにもなりますね。

身体を動かして温める

ヨガやウォーキング、ジョギングなど身体を動かすことを生活の中に組み込んでみましょう。身体を動かすことで心もリフレッシュする効果があります。運動は苦手・・・という方はストレッチもお勧め。じんわりじっくりとストレッチをしてあげるだけで血流がよくなり身体がポカポカしてきます。

自宅でできる東洋医学で温まる

煙のでないお灸やツボが押せるもの、漢方薬などの力で身体を温めることもできますね。無理なく続けられることが大切ですからお家でできるアイテムがお勧めです。

冷えから身体を守る

ソックス、カーディガン、レッグウォーマーなどの体が温まるグッズを取り入れてみましょう。最近では着るだけで暖かくなる素材の肌着や磁気の力で温まるものなどいろいろな商品がありますので、お好みに合わせて取り入れてみましょう。

温活の心得

大切なのは無理をしないこと

「あれもこれも取り入れる!」

「一番高額なものでないと効果がないかも・・・」

と思って無理をしてはいけません。無理をしてしまうと取り入れることが難しくなってしまいますね。

長く続けられそうなことを続けられそうな範囲で

「夕飯は身体が温まるものにしよう」

「週末だけお灸をしてみよう」

などと、ご自分の生活の中に無理なく取り入れるものを選ぶことができれば、長く続けることができます。また無理のない範囲で取り入れることも長く続ける秘訣です。

心地よさを大切にする

身体を温めることでの大きな効果は、「リラックス効果」です。お風呂に入って、「ハァ〜〜〜」と脱力するあの心地よさ。暖かいお茶を飲んで「ホッ」とする感じを楽しんでください。心地よいと感じることで身体も心もほぐれていきます。

いかがでしょうか。今回は温活についてお伝えしました。
ご自身にとって、無理なく続けられる心地よい温活はイメージできましたか?

早速、トライしてみましょう。

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。