「不妊治療は100%の結果を保証できない」

不妊症看護認定看護師の西岡です。
今回は妊活に臨まれるすべての方に、一番はじめにお伝えしたいことについてです。ぜひお読みくださいね。

妊活に臨まれる、すべての方へ
すでに妊活中のかた、これから始めようという方、お一人お一人背景は異なるかと思います。でも知っておいていただきたいことがあります。
それは「不妊治療は100%の結果を保証できない」ということです。

スポンサーリンク

後悔しないための妊活とは

妊娠する方も、すぐに妊娠できる方ばかりではありません。「あの時こうしていれば」「もっと早く受診していれば」「もっと自分たちの希望を伝えていれば」などと考える方もいます。
そんな思いをしないために、後悔しないために「自分たち(2人)できめる」ことが大切です。

妊活における正解とは

妊活・不妊治療は「自分たち(2人)できめる」ことの連続です。不妊検査を受けるかどうか、体外受精をするかどうか等、なにをするか、どこまでするかなど、決めることがたくさんあります。妊活・不妊治療は「あれも正しい」「これも正しい」どのような決定も間違いはありません。自分たちにとって、これが最適であると考えるものが正解なのです。
年齢に伴い、妊娠する力は低下していきます。そう考えると、常に今が、妊娠する力が一番高い時なのです。
この大切な今、どのような妊活に取り組むか、それを決めることの重要性をおわかりいただけたでしょうか。

「決める」ための7つのコツ

  1. 決めることに必要な問題をあげる
  2. 可能性のあるすべての選択肢を考えてみる
  3. 選択肢を選ぶ基準を決める
  4. 選択肢を選んだ結果を想像してみる
  5. 必要な情報を得る
  6. 決めることへのサポートを受ける
  7. きめることでモヤモヤがあれば解決する

決めるときには
直感的に決める、衝動的に決める、運命的に決める、誰かの言う通りに決める、などという方法があります。
しかし、しっかりと理解し、感情だけでなく一つひとつ確認し、後から見返すことがあったとき、これが最適だったと思えることが重要なのです。
ファミワンのサービスは、お2人が自分たちで最適であると思うことを決め、後悔なく妊活を進めていただけるように「自分たちらしい妊活」を大切にしながら、「決めること」をサポートします。

2人で決めること

不妊治療の対象は誰なのでしょうか。病院に行く機会は女性の方が多いですが、望んでいるのは2人の子ども、2人の人生です。妊活も不妊治療もお2人の気持ちを合わせていかなければなりません。これは前提条件となります。
なぜ子どもがほしいのか、いつほしいのか、何人ほしいのか、不妊治療をするのか、検査だけか、できることは全てしてみるのか、これらをよく2人で話し合っておく必要があります。それぞれ思っていることが違うというのはよくあります。女性側が「絶対にほしい」と思っていても、男性側は「パートナーと2人で充分幸せ」「治療までしなくても」と思っていたり、逆に男性側が強く望んでいても、女性側が「仕事を頑張りたいから今じゃない」と思っている状況もあります。2人の気持ちを合わせておかないと、関係がギクシャクしてしまう原因にもなります。

妊娠を考えたら、まずはパートナーと「どうして子どもがほしいのか」についてよく話し合ってみてください。そして二人らしい妊活・不妊治療をすすめていただきたいと願っています。

妊活ライブ

ファミワンでは妊活にまつわるさまざまなトピックをライブとして配信もしています!

専門家が選んだ妊活グッズ

ファミワンでは、不妊症看護認定看護師、臨床心理士、助産師、胚培養士などの専門家が妊活・不妊治療のアドバイスを日々行なっています。
その中でもご質問の多い、妊娠に至るまでサポートするグッズを紹介しています。