2024年いいスタートを切るために!年末年始休暇の過ごし方

はじめに

今年も残りわずかになりました。年末年始は、クリスマスパーティ、忘年会、お正月、新年会などの楽しいイベントが続き、普段と異なる生活習慣となる方が多いのではないでしょうか。今回は、年始から元気に働くためのこころと身体の体調管理についてまとめます。

感染症予防

空気が乾燥し気温が低い冬は、感染症が流行しやすくなります。特に年末年始は会食や帰省、初詣など大人数で集まることが多く、感染リスクが高まります。新型コロナウイルス感染症はもちろんのこと、インフルエンザやノロウイルスにも注意が必要です。できる限り、自己防衛に心がけてください。

  • こまめな手洗い・うがい、アルコール消毒(ただし、ノロウイルスには効果がありません)、マスクの着用
  • 加湿をする
  • 予防接種を受ける(インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症など)
  • ノロウイルスに関して:汚物の取り扱いに注意し、二次感染を防ぐため、塩素系漂白剤ですぐに消毒する。またウイルスは広く飛散しているため、広範囲の床・壁を清掃する。

体調管理

生活リズムを崩さない

連休中は、どうしても夜更かしや朝寝坊をしてしまうものです。しかし一度生活リズムを崩してしまうと、元に戻すことは簡単ではありません。生活リズムの乱れは免疫力の低下を招き、体調不良や風邪につながりますので、年始から元気に働くためには、可能な限り規則正しい生活を続けましょう。また過度なアルコールの摂取は睡眠の質が低下してしまうため、注意が必要です。

暴飲暴食をしない

年末年始は大勢で食事・飲酒をする機会が多いですが、健康に過ごすためにも、以下の要点を抑えて食事を楽しむようにしましょう。

①食事時間や回数を普段と大きく変えない

②バランスのよい食事を心がけ、野菜を最初に食べる

③アルコールやジュースの飲みすぎに注意する

④おせちやパーティフードは塩分・糖分を多く含むので食べ過ぎに注意する

⑤おもちは高カロリーなので、2個までにする(2個でご飯約1杯分)

⑥果物は糖分を多く含むため食べ過ぎに注意する

⑦「ながら食い」「だらだら食い」をしない

運動

「寝正月」という言葉があるように、普段の生活と比較して活動量が少なくなりがちです。寒さの影響もあり、外出や運動の機会が圧倒的に減ってしまうと、筋力・体力はあっという間に衰えてしまいます。歩いて初詣に行く、いつもより一駅手前で降りて歩く、などのちょっとした工夫を心がけてみましょう。また外出ができないときは、「ながら運動」もおすすめです。テレビを見ながら、雑誌を読みながら、掃除をしながらなど、ちょっとした運動を生活の中に取り入れてみましょう。

メンタルヘルス

年末年始は、こころの不調が起こりやすい時期です。これは、仕事やイベントで多忙なことや、食生活や生活リズムが崩れることが原因です。また、冬は日照時間が短いことや寒さなどの理由から、抑うつ症状が出やすくなります。年始から元気に働くためには、生活リズムの維持、バランスのとれた食事、適度な運動、質の良い睡眠を心がけましょう。

緊急時の受診方法

 

年末年始に受診が必要となってしまった場合の対応について解説します。

  • 救急車が必要な症状の場合は、すぐに119番をする。
  • 受診を迷った時は、かかりつけ医や近隣の医療機関に電話相談をする。あるいはQ助や救急安心センター(#7119)、子ども医療電話相談(#8000)にも相談できます。
  • 休日等夜間急病診療所や急病診療医療機関に関しては、各自治体ホームページに休日当番の医療機関情報が記載してあるので、事前に確認をしておく。

餅による窒息事故に注意

消費者庁の調査によると、餅による窒息事故の約43%は1月に発生しており、特に三が日に多いことが明らかになっています。餅を喉に詰まらせないためには、以下の対策が必要です。

  • 餅は小さく切り、食べやすい大きさにする
  • 先に汁ものや水分を取って喉を潤してから食べる
  • 水分で無理やり流し込まない
  • 無理に飲み込まず、ゆっくりとよく噛んでから飲み込む
  • 高齢者と一緒の場合、食事の様子を確認する(一度に口に入れる量が多すぎないか、しっかり噛めているかなど)

餅を喉に詰まらせてしまった場合の対処法について説明します。

  • 餅を喉に詰まらせてしまったサインにすぐに気づくことが大切です。咳込む、苦しそうにしている、声を出せずに喉をつかむ動作をしている(チョークサイン)、顔色が悪いなどの症状が出ます。
  • 次に状況確認を行います。声が出せるか出せないか、咳ができるかできないかが重要です。咳ができる場合は、できる限り咳をさせましょう。咳が出せない場合は窒息と判断し、すぐに119番をします。もし可能であればAEDを用意し気道異物除去を開始します。

   1.気道異物除去の方法  

     手のひらの付け根で左右の肩甲骨の中間を数回以上力強く叩く

   2.腹部突き上げ(ハイムリック)法 ※妊婦にはNG

     ①相手の後ろに立つ。両手を脇から通し、ウエスト付近  に手を回す。

          ②一方の手で握りこぶしを作り、親指側をへそより少し上に当てる。

            ③握りこぶしをもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げる。

ハイムリック法

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記の点に注意をしながら上手に体調管理を行い、楽しく健康的な年末年始を過ごしましょう。

参考

東京都の休日・夜間診療案内

消費者庁 消費者への注意喚起

首相官邸 冬の感染症にご注意!

福利厚生資料ダウンロード

弊社では女性活躍推進・ダイバーシティ推進『福利厚生サービス』を提供しています。
社内セミナー、従業員の健康相談、休暇制度導入、助成金制度導入のご相談も承っております。

  • 資料でこんなことがわかります
  • ✅直近3年400回以上の研修実績実例
  • ✅利用促進広報制作サンプル
  • ✅全員が資格を有する専門家の紹介
  • ✅女性活躍推進・くるみんなどの企業認定制度の基準・条件

資料を無料でダウンロード